メイン

一時所得

2009年03月14日

一時所得

【質問】

一時所得とはどのようなものですか?

【回答】

一時所得とは、利子所得、配当所得、不動産所得、給与所得、退職所得、山林所得及び譲渡所得以外の所得のうち、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

例えば、
① 賞金や懸賞当選金、競馬や競輪の払戻金
② 生命保険の一時金や損害保険の満期保険金
などです。

M-1では1,000万円の賞金が出ます。
でも、優勝した芸人たちがよく、半分は税金でなくなった。
とゆうのは、これも一時所得として課税されるからなのです。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士

2009年03月27日

一時所得

 【質問】

一時所得はどのように計算するのですか?

 【回答】

一時所得の金額は総収入金額からその収入を得るために支出した金額と特別控除額を(年

間最高50万円)を控除した金額に1/2をかけたものが一時所得の金額になります。

一時所得の金額={総収入金額-その収入を得るために支出した金額-特別控除額}×1/2

この一時所得の金額に所得税率をかけたものが一時所得による所得税となります。

 ※総合課税であるため所得税率は年収や扶養家族の人数等の要因により違いがあります。


 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士   <巽>

2009年04月10日

賞品等による収入

 【質問】

懸賞で車があたったのですが、どうなるのですか?

 【回答】

そうですね、懸賞などで金銭以外のものを受け取った場合も一時所得の対象になります。

また、この場合の一時所得の対象となる金額は、その受け取った物の通常の小売販売価格の60%相当額になります。

仮に車が1,000万円であるとしますと、一時所得の金額は

100万円×60%=600万円

{ 600万円-50万円(特別控除額)}×1/2=275万円 (費用は0)

となります。

所得税率が20%の方ですと275万円×20%=55万円が一時所得にかかる税金となります。

※ 総合課税であるため所得税率は年収や扶養家族の人数等の要因により違いがあります。


 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士   <巽>

About 一時所得

ブログ「キラ☆キラ★所得税」のカテゴリ「一時所得」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはその他の所得控除です。

次のカテゴリは不動産所得です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。