« 勤労学生控除 | メイン | 店舗改築祝金の取扱い »

マイホームの買い替え

【質問】
 
 マイホームを買い換えた場合の譲渡損失の特例とは、どういうものなのでしょうか?

 【回答】
 買い替えの場合の譲渡損失の特例とは、マイホームを売却した場合に譲渡損失がでたとき、その譲渡損失を他の所得と損益通算することができる制度です。
 また、その損益通算後に繰り越した損失を3年間は繰り越すことも可能となります。

主な条件としては、以下の通りとなります。
 ①平成21年12月31日までに、所有期間が5年を超える居住用財産を譲渡すること
 
②自分がかつて住んでいた住宅を売却する場合には、すまなくなってから3年目の年の12月31日までの売却であること
 
 ③売却する相手先が、親族等一定の関係者でないこと

 ④一定期間内にマイホームを新たに返済期間10年以上の住宅ローンで取得し、かつ取得の翌年12月31日までに居住を始めること。

 ⑤新たに取得するマイホームの床面積が登記簿で50平方メートル以上あること

 ⑥控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であること

 ⑦売却した年の前年または前々年に、居住用財産の課税に関する各種特例の適用を受けていないこと
  

 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士<砂原>

About

2009年08月25日 10:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「勤労学生控除」です。

次の投稿は「店舗改築祝金の取扱い」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。