« 障害者控除 | メイン | 寡婦(寡夫)控除 »

源泉徴収が必要な支払い

【質問】
 
給料以外にも、外注費などを支払う際に
 
源泉徴収が必要という話を聞いたのですが、詳しく教えてください。
 
 
【回答】
 
はい、個人に対して支払う以下のような報酬などについては
 
支払う際に源泉徴収することが必要となります。
 
支払先が「法人」である場合は、原則、源泉徴収をする必要はありません。
 
●原稿料や講演料など
 
●弁護士・司法書士などに対して支払う報酬
 
●プロ野球選手、モデル、外交員などに支払う報酬
 
●芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬
 
以上のようなものを支払う場合には、源泉徴収をする必要があります。
 
これらの源泉徴収税額は、支払った日の翌月10日までに納めなければなりません。
 
(給料の源泉徴収で出てきた「納期の特例」の制度も、この支払いに関しては適用されません)
 
この点は、税務調査などでも念入りに調べられるポイントとなりますので
 
注意しておきましょう。
 
 
 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

About

2009年07月22日 08:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「障害者控除」です。

次の投稿は「寡婦(寡夫)控除」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。