« 事業的規模に該当した場合の取り扱いの違い | メイン | 給与所得の非課税その4(住宅資金の貸付け等) »

青色申告承認申請書

【質問】

青色申告をしようとすると青色申告承認申請書の提出が必要って聞きましたが、いつまでに提出したら青色申告ができるの?

【回答】

まず、あなたが今まで事業をしているのか?またはこれから事業を開始するのか?によって大きく違います。

① あなたが今まで事業をしていた場合
その適用を受けようとする年の3月15日まで
つまり、平成21年から青色申告をしたい!という人なら平成21年3月15日の
平成20年度の確定申告の申告期限までに提出しなければなりません。

② これから事業を開始する場合(その年の1月16日以降に開始した場合)
その事業開始の日から2月以内
つまり、平成21年4月1日に事業を開始したら2ヵ月後の平成21年5月31日までに提出しなければなりません。

③ これから事業を開始する場合(その年の1月15日以前に開始した場合)
その適用を受けようとする年の3月15日まで
つまり、平成21年1月5日に事業を開始した場合は平成21年3月15日までに提出しなければなりません。

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  西井

About

2009年05月02日 09:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「事業的規模に該当した場合の取り扱いの違い」です。

次の投稿は「給与所得の非課税その4(住宅資金の貸付け等)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。