« 給与所得の非課税その4(住宅資金の貸付け等) | メイン | 医療費控除の範囲 »

還付加算金

【質問】

去年の所得税の税額が減額され過納金の還付金が入金されました。それに伴い還付加算金も入金されたのですが、これについては課税上どのようになりますか?

【回答】

還付加算金とは国税を滞納した場合に課される延滞税とのバランスを考慮して、還付金に

利息に当たる金額を加算したものです。

したがって、還付加算金は経済的には非営業用の貸金に対する利子に類似しているので

雑書得の収入金額として取り扱われます。

なお、本税を借入金によって納付している場合には、その借入金のうち還付金に相当する

額の支払利子は雑所得の必要経費とすることができます。

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士 <伊吹>

About

2009年05月05日 09:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「給与所得の非課税その4(住宅資金の貸付け等)」です。

次の投稿は「医療費控除の範囲」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。