« 収入金額の計上時期 | メイン | 小規模企業共済 »

頭金の計上時期

 【質問】
個人の不動産貸付業者ですが、3月入居者から頭金を12月に受け取りました。
この頭金はいつの収入として取り扱えばよいのですか?
 【回答】

不動産の貸付けにより一時に受ける頭金は次のように取り扱うこととされています。

① 貸付け物件の引渡しを要するもの
  引渡しのあった日
② 貸付け物件の引渡しを要しないもの
  契約の効力発生日

※権利金、名義書替料、更新料等についても同様に取り扱います。

ご質問の場合ですと①に該当しますので、引渡しのある3月の収入として取り扱うことに

なります。

 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <巽>

About

2009年05月08日 09:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「収入金額の計上時期」です。

次の投稿は「小規模企業共済」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。