« 生命保険 | メイン | 配当所得の赤字 »

医療費控除

【質問】

家族が通院した領収書や薬を買ったときの領収書は置いておいたほうが良いと

聞きましたが、これはなぜなのでしょうか?

【回答】

  そうですね。

これは家族の医療にかかった費用を一年間分集計し、所得税の計算をする際に

「 医療費控除 」として差し引くことができるからですね。

所得税では、「 多額の医療費を使った年は担税力を考慮しますよ 」という配慮が

あるんです。

では、詳しい内容を見ていきましょう。

◆ 家族の範囲は、生計を一にする配偶者や親族をいいます。

◆ 控除額の計算は、

  その年に支払った医療費 - 医療費を補填する保険金等 
  - 課税標準の合計額 × 5%( 10万円を超える場合は10万円 )


次回は、「 医療費 」に含まれる範囲についてご説明します。

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士 八幡

About

2009年04月29日 01:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「生命保険」です。

次の投稿は「配当所得の赤字」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。