« 山林所得の概算経費控除 | メイン | 賞品等による収入 »

確定申告不要制度

【質問】
  配当所得は総合課税って聞いたんですが確定申告しなくちゃいけないの?

【回答】
配当所得は、原則総合課税で確定申告することになりますが、特例として確定申告不要制度が採られています。
確定申告不要制度とは「配当所得のうち一定のものについては確定申告をしなくてもよい」という制度です。
確定申告不要制度の対象となる配当等は次のとおりとなっていますが、この制度を適用するかどうかは、1回にもらう配当等の額ごとに選択することが出来ます。

① 上場株式等の配当等の場合(大口株主等が受ける場合を除く)
原則として確定申告を要しません。
ただし、平成21年1月1日から平成22年12月31日までに支払を受けるべき上場株式等の配当等(一銘柄の年間支払金額が1万円以下のものを除く)の金額の合計金額が年間100万円を超える場合には、確定申告をしなければなりません。

② 上場株式等以外の配当等の場合
一回に支払を受けるべき配当等の金額が

10万円×配当期間の月数÷12 ≧ もらう配当の額

である場合には、確定申告はいりません。

「配当計算期間」とは、その配当等の直前の支払に係る基準日の翌日から、その配当等の支払に係る基準日までの期間をいいます。

 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士<砂原>


About

2009年04月09日 07:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「山林所得の概算経費控除」です。

次の投稿は「賞品等による収入」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。