« 事業所得の内容 | メイン | 退職所得 »

給与所得の計算

【質問】

給与にかかる税金はどうやって計算するの?


【回答】

給与に対する税金を計算するには、まず

給与所得の金額を求めなければなりません。


給与所得の金額は、

収入金額 - 給与所得控除額

の算式で求められます。

一般に、「収入」とは自分に入ってきたお金の総額のことをいい、

「所得」とは収入から、それを得るために要した必要経費を差し引いた

金額のことをいいます。


サラリーマンがお給料を得るためには、スーツや靴など

必要と思われる経費もありますが、1人1人について

その正確な金額を認めることは困難であるため、

「給与所得控除」という、経費を概算して控除する計算方法が

とられています。
 

■給与所得控除
  (収入金額)―――――――――――――(給与所得控除額)

 180万円以下―――――――――――収入金額×40%(最低65万円)
 180万円超360万円以下――――(収入金額―180万円)×30%+72万円
 360万円超660万円以下――――(収入金額―360万円)×20%+126万円
 660万円超1000万円以下―――(収入金額―660万円)×10%+186万円
 1000万円超―――――――――――(収入金額―1000万円)×5%+220万円


 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

About

2009年03月23日 08:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「事業所得の内容」です。

次の投稿は「退職所得」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。