« 利子所得の計算と課税 | メイン | 不動産所得 »

配当所得について

 【質問】
  配当所得って具体的にはどういうもの?

 【回答】
  配当所得は以下のものをいいます。
① 剰余金の配当(株式または出資にかかるに限る。)
株式会社からの配当金をいいます。
② 利益の配当
特定目的会社(SPCと呼ばれる株式や債券を発行するために設立する特別な会社)などからの配当金をいいます
③ 剰余金の分配(出資にかかるものに限る)
農業協同組合、信用金庫など特殊法人からの配当金をいいます。
④ 基金利息
相互会社(生命保険会社)から受ける基金の利息をいいます。
⑤ 投資信託(公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託を除く)の収益の分配
  株式投資信託の収益の分配などをいいます。
  ちなみに、公社債投資信託等は利子所得に該当します。
⑥ 特定目的信託の収益の分配
資産の流動化に関する法律に規定する特定目的信託の収益の分配をいいます。
   特定目的信託とは不動産の証券化など資産の流動化を目的とした信託をいいます。
   

 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士

About

2009年03月19日 08:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「利子所得の計算と課税」です。

次の投稿は「不動産所得」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。