« 年末調整で提出する書類は? | メイン | 控除の対象となる社会保険料 »

配偶者特別控除制度とは?

【質問】

配偶者特別控除ってどんな制度?

【回答】

配偶者の所得金額が38万円を1円でも超えると、配偶者控除を受けられなくなる結果、

所得税で適用税率が10%の場合で3万8千円、20パーセントの場合だと7万6千円もの

税負担が増加することになるんです。

そこで、配偶者の所得控除が38万円を超えても控除額がいきなりゼロになって税負担が

急増しないよう、徐々に控除額が減少していくしくみとして工夫されているのが、

配偶者特別控除です。

※注意点

 次のような場合では配偶者特別控除を受けることができません。

①対象となる配偶者が、他の納税者の扶養親族になっている場合

②対象となる配偶者が、事業専従者として青色専従者給与の支給を受けたり、

  事業専従者控除の対象となっている場合

③納税者であるあなたの年間所得が1000万円を超えている場合

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年05月24日 12:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「年末調整で提出する書類は?」です。

次の投稿は「控除の対象となる社会保険料」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。