« 扶養親族の範囲ってどのくらい? | メイン | 源泉徴収税額ってどうやって求めるの? »

扶養控除の種類と控除額

【質問】

扶養控除の種類ってどれくらいあるの? 控除額はどれくらい?

【回答】

基本的な扶養控除額は所得税で1人あたり38万円(住民税で33万円)

ですが、扶養親族の年齢や同居の有無でパターンがあります。

0歳~15歳  一般扶養親族で所得税38万円(住民税33万円)

16歳~22歳 特定扶養親族で所得税63万円(住民税45万円)

23歳~69歳 一般扶養親族で所得税38万円(住民税33万円)

70歳~     老人扶養親族で所得税48万円(住民税38万円)

          同居老親等で所得税58万円(住民税45万円)

なお、同居老親等とは、納税者またはその配偶者の直系尊属で、

納税者または配偶者と同居している老人をいいます。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税


About

2007年05月02日 18:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「扶養親族の範囲ってどのくらい?」です。

次の投稿は「源泉徴収税額ってどうやって求めるの?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。